• 森をツナグ

『からだとわたし』その4

最終更新: 5月24日



(昨日のお話)胃から長年の訴えと、『かせがなきゃ』の裏にある気持ちを何度もやりとりして、完全に胃からの話を聞き終わりました。 聞き終わって、あ、もう『かせがなきゃ』を手放そうと決心しました。固い部分を包み込むようにイメージして、身体からその固い一点を手放すようにした瞬間、ふわっとその部分がやわらかくなり、ぐわぁぁぁっと上半身が上がっていきました。


どう頑張ってもあがりきらなかった肋骨が、開いていき、詰まっていた胸が内側から開き、胸全体がぐうーっっっとあがっていく感じ。錆び付いた蝶つがいがついてた木の重い扉が、ギギギギーと開く感じ。呼吸が奥の方まですうっっと入り、なんだこれ!気持ちいいー!という感じになりました。


お客さまに整体をさせていただくとよくこういう身体の変化がおこります。わたしにお客さまの身体の声が聞こえてくる感じがあるので、それをそのままお伝えして、その部分を包み込んでもらうような感じにしてもらう。


泣く方も多いです。身体はずっと我慢していて、それをようやく本人にわかってもらえたから。泣くのが一番ゆるみます。十分に身体が声を聞いてもらえたなって思うと、ふわっとその部分がゆるんで、つっぱりや痛みが不思議となくなるのです。身体がふわっと変化する。わたしがぎゅうぎゅう揉んだりするわけではないので、みなさん驚かれます。


わたし自身、久しぶりに自分の身体で体感して、改めて身体のつまりの中に心のつまりがあり、それが溶けた瞬間、身体は内側からほどけてゆるむのだなぁと実感しました。長年、ずっとずっとつまってきた一点だったから、余計にそう感じました。


整体をやりはじめて10年。その都度、身体と真剣に向き合って、身体は大きく変わってきたつもりでしたが、ようやくここまできたなーっと。


その後のサイクリングの走りやすいこと、走りやすいこと。嘘のように左側の肋骨があがって、呼吸が胸の奥まで入り、残りの道のりが、それまでよりずっと楽に走れました

ルンルン気分♪で、数日過ごしました♡


数日後のこと。


身体の別の部分に違和感が……痛い…


来週末にトライアスロンの大会を控えてるのに…なに??これ???


→「からだとわたし」その5はこちらから