top of page
  • 森をツナグ

頭と身体の関係性



「こうしなきゃいけない」

「ちゃんといい子でいなくちゃ」

そう思えば思うほど、辛くなってくること、ありませんか?

頑張って動かなきゃ!と思って、頑張れる時はなんとか自分にムチ打って頑張れるけど、疲れてくるともうダメ……_| ̄|○

頭でぐちゃぐちゃ考えて感情が入り乱れまくるけど、結局は動けなくなってしまう。疲れて泥のように眠ってしまい、起きようと思うけど、起きられない。

これは、頭でこうしなきゃ!と思ってるけど、身体の本当の声は違う、という時に起こります。

そういう方の身体は、「もういや!!!」という身体の悲鳴があらわれてて、色々な箇所が詰まっていることが多いです。

頭がカチカチで頭痛持ちだったり、肩がパンパンに張っていて猫背だったり、左側の胃の部分がストレスで硬く出ていたり、疲れてくると腰の上のあたりがジュワーとなんとも言えない奥の鈍痛がでたり、腰が痛かったり、太ももの裏やふくらはぎが痛かったり。

わたしたちは頭で考えすぎてしまうのです。頭のほうが優位であると思われがちだけど、実は身体は自分の行きたい方向を全部知っています。

身体にはちゃんと声があるのに、頭の「こうしなきゃ」で押さえつけてしまう。頭は自分を守ってきたこれまでのパターンで、自分を守らなくちゃと必死なのです。

そんな時のオススメはふたつ。

①自分の好きな場所に行って(できれば近いところで)、頭の中の呼吸を全部吐き出すイメージで呼吸をハァァァと全部吐き出す。

その後、気持ちのいい新鮮な空気を頭のなかに入れてあげる。それを3-4回繰り返す。わずか1-2分ですが、少しスッキリしてきます。

②数分でもいいから運動する。歩くとかで全然大丈夫。少しでも身体を動かすと身体に意識がいくようになるので、頭で考えなくなってきます。

辛かったら、まずは試してみてください。

先日、身体の声を聞いてもらった方の感想です

〜〜〜

ともちゃんに私の身体の声を教えてもらって(まさに思い当たる言葉で驚きでした!)誘導されながら自分でもその声を感じていくと、どんどん身体か緩んでいくのを感じました!

さらに身体がなんて言ってる?と、ともちゃんの言葉に導かれて、自分の身体の奥深くと繋がることができて、身体の奥から湧きあがってくるメッセージも受けとれました。

ともちゃんの的確で明瞭な誘導が心地よくて、思考と心と身体が自然と調和がとれてることを実感体感できました!

〜〜〜

意識すればちゃんと身体の声が聞こえる。その声は自然としっくりくる内容なのです。

楽に自由にあなたらしく羽ばたくために

いつでもお待ちしております

//

遠隔治療もご好評中!!!

\\

内面から身体がほどける整体

9時〜18時 不定休 完全予約制

太宰府市観世音寺2-18-28

(都府楼前駅徒歩7分、大宰府政庁跡徒歩5分)

(駐車場🅿︎あり)


bottom of page