• 森をツナグ

「羊と鋼の森」心に染み込みました


2度目の「羊と鋼の森」。心と体に染み込む音と映像はやっぱりよかった。


原作の宮下奈都さんの五感に訴える言葉と世界感が、そのまま映像に映しだされている映画。ピアノと対峙し格闘する、ピアノ調律師の主人公、そのまわりの人の感情がとても丁寧に描き出されていて、ひとつひとつの言葉が、表情が、情景が心に染み入ります。


ピアノの音と重ねられた自然の風景。季節や感情、その場の空気感をそのままに表現する色と光のコントラスト。画面いっぱいに映し出されるピアノのハンマーや鍵盤。どれもが最高に素晴らしく、スクリーンと自分が一体化するような感覚におそわれました。

主人公が憧れの大先輩に、理想とする音はどんな音を聞く場面があります。


大先輩は、詩人の原民喜が憧れている文体のような音にしたいと。その言葉が実によかった。


明るく静かに澄んで懐かしい文体 少しは甘えているようでありながら 厳しく深いものをたたえている文体 夢のように美しいが現実のように確かな文体

原民喜「砂漠の花」より

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

福岡県 太宰府

© 森をツナグ