top of page
  • 執筆者の写真森をツナグ

感想という名の、あったかい思いのこもったラブレターを受け取りました☺️


先日『ルーツをたどるセッション』を 受けていただいたお客さまから。


感想という名の、あったかい思いのこもった ラブレターを受け取りました☺️


この感想をもらった後にも 彼女から想いと言葉が溢れ出して 心から大切にしたかった未来が とっても具体的に書き綴られていました。

本当に豊かで 彼女にしか描けない素敵な世界✨ 大切な分岐点に関わらせていただけて 本当にありがたいです☺️

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 夜中、ふと目覚めて なんとなく覗いたら 更新されていた知子さんの インスタ更新情報がアップされていました。 「ルーツをたどるセッション始めます❗」と。

概要を深く読まずに、 「あ、これ行きたい、行かなきゃ、今やりたいことに必要なものだ」と思いました。

10月のよく晴れたひんやりとした朝から 座禅にも参加させていただき その後大宰府政庁跡へ。

そこから、足の向くまま歩きながらの セッション。

私のテーマは ズバリ、「ブラックボックスに踏み込む」

「踏み込むのに壁になっているものを見つける」でした

とにかくこれからの人生の為に 大きく影響する 自分の核の部分に踏み込み 出来れば「暗部」になっているものを 「浄化させたい=無くしたい」という感じでした。

ゆーっくり歩いて歩いて、 時々歴史上のワンポイント知識を 教えてもらいながら。 本当に気持ち良かった❗

実感したのは自然が本当に美しいこと、 そこにひっそりと、かつて生きた方達の足跡が残されていること。

その積み重ねの上に自分が産まれて、生きていること。

頭で考えがちで、警戒心が強いので なかなか本音が出なかったのですが、 思うまま幼い頃からの 記憶、その時の感情や今の思いを伝えました。

その後、木陰のベンチで 核心へ(笑)

知子さんの「時々、理性が出てくるねー」と 明るくサラッと言われて 「あ、そうなのか」と気づいたり。

頭の中から言語化して伝えるときの 癖のようなもので… すぐ、見抜かれました(^ー^) その後はより核に触れる 方向へ進むのですが 私としては「思い出す」という感覚の時間でした。

自分の考え方、ずっとあるイメージ、惹かれるもの、近づきがたいもの、 「あ、だからかぁー」て ストンと落ちる。カチッとハマる感じ。

そのあとは 数週間かけて ゆっくり消化していきました。

何気なく日常を送ってきましたが 結構、本人のなかでは 小さな嵐が(笑) でも、苦しくても幸せな混乱でした。

元は「暗部に踏み込み、それを無くす」ことを目的としていたけれど、 ブラックボックス含めて私だと思っています。

今後、この部分と、どう付き合っていくのは また変化があると思いますが 今はこれで大丈夫。

抱えて進んでいこうと思えました。

今、愛情をもって 大切にしていることは ずっとずっと前から 大事にしていて この方向で進んでいいんだよ、 時間をかけていいんだよ、 ということ。

これが心のそこから分かったのが 本当にありがたくて嬉しくて。 不思議なあったかいセッションでした。

知子さんには本当に感謝です。

Comments


bottom of page