top of page
  • 執筆者の写真森をツナグ

嬉しいお声が届きました!


今日は節分 節分とは、文字通り、季節の分かれ目。節分に行う豆まきは、季節の変わり目に起こりがちな病気や災害を鬼に見立て、それを追い払う儀式だそうです。 先日いらしたお客さまから嬉しいお声をいただきました ✴︎ ✴︎ ✴︎ こんにちは 昨日はありがとうございました ビックリな体験でしたが、少しずつ目的に近づいていて楽しみです ✴︎ ✴︎ ✴︎ 彼女は1年半前、最初にいらした時は『全身の痛みが治りません。整形外科とか接骨院とかたくさん行きましたが、どこに行っても治らないのです』と、文句ばかりおっしゃっていました(笑) 最初の施術で身体がものすごく楽になったようで『通います!』と宣言されて(笑) 定期的に通われるうちに、緊張感があり強張っていた身体がどんどん緩んでいきました。歩くのも階段も辛かった方が、一時期はテニスをされるまで身体が戻っていきます。 それとともに精神的にも楽になり人に対する文句や愚痴も減って、自分はどうしたいのか、残りの人生でやっていきたい自分の夢に集中していくようになられました。 彼女にはある素敵な夢があります。でもなぜそうしたいのか。深い、過去からの想いからそう願っていることがわかり、涙し、その夢を実現するという想いをさらに強くされました。 さらにお声は続きます。 ✴︎ ✴︎ ✴︎ 今朝方亡くなった姉の夢を見ました。 はっきり話しました。 姉は2月3日に来るそうです。 5日の法事は来れるかどうか分からない。との事でした。 2月3日は節分ですね。 2月3日に姉が好きだった物をお供えします。 周りに小さい子供達がいました。 多分、産まれてすぐに亡くなった父の弟妹だと思います。 5日の法事をみんな楽しみに来てくれてると思うと賑やかな法事にしたいと思いました。 こんなに魂を感じる法事は初めてです。 いつも煩わしいなぁ。って嫌嫌してたのが申し訳ないです 見える人見えない人全員笑顔になってもらえるよう、私も一緒に笑顔になる法事にします。 ツナグ先生 お陰様で心の霧が晴れました。 法事で集まってくれてる魂達を精一杯接待します ✴︎ ✴︎ ✴︎ すっごく嬉しかったです 形式ではなくて心を込めると、時空を超えてちゃんと届く。ご先祖さまたちが笑顔になると、これからさらに大きな力で応援してもらえるようになります。 私は実家が仏壇屋で、親からいつも仏壇に手を合わせてって言われていたけど、実は意味がわからなかったのです。なんで手を合わせるの?と聞いても、ご先祖様は大切だからとの説明だけでちゃんと理解ができないままでした。仏壇屋の娘だけに、理解できてないことがコンプレックスでもありました。 でも父の自分史を書いたり、死を通して、父やご先祖さまとたくさん対話することで、わたしがここに生まれた意味、ご先祖さまから受け継いでわたしがやっていくことが明確になっていきました。ご先祖さまひとりひとりの顔が見えることで心を込めて手を合わせることができるようになりました。 父は仏壇を通してご先祖さまを供養するお仕事。わたしは身体と心を通して、その方のご先祖さまを声を聴いて供養していくお仕事。手段は違えど同じことをさせていただいているのだなぁと、心があつくなりました どうぞみんなが笑顔で喜ぶ法事になりますように そして、みなさま、『鬼は外〜!福はうち〜!』で鬼を祓い、幸せを呼び込みましょう

// 遠隔治療 ご好評いただいております \\

Comments


bottom of page