top of page
  • 執筆者の写真森をツナグ

土地とのご縁



先日の

3月25日、満月の夜のこと

別府の温泉で身体もゆったり

お布団に入って、うとうとしていると

頭に抱えてきた、あることの糸が

するするとほどけていった

以前ストーリーズにもアップしていた

天空の整体プロジェクト

太宰府の山の麓で緑がたっくさん

とーっても気持ちのよいところに

自宅兼整体の場所を作って

念願だったリトリートもやれるように

宿泊できるゲストルームも併設する

夢のワクワクプロジェクト

土地探しからはじまって2年以上

最初の土地がダメになり

一度は諦めて、新築マンションを契約して

手付金も払ったけど

また新しい土地のご縁をいただき

やっぱり緑の中で生活したいよねと

マンションも解約して

(手付金はお空へ)

その後、色々と大変なこともあったけど

たくさんのご縁やお力添えで

とーっても楽しみにワクワクしながら

建物の設計図もほぼ完成して

土地の契約がもう目の前というところで…

まさかの破談

実はアフリカに行く2日前

急激に状況が動いたのでした

ギリギリ主義の人間なので

いつも準備は直前で

国内出張の時は、前日の夜か

当日の朝に慌てて準備するタイプ

なのに今回のアフリカは咳で

ゲホゲホしながらも

準備はひとつひとつしていたので

わたしには大変珍しく

5日くらい前には準備が完了してたので

不思議だなぁと思っていたら

出発直前に土地の件が急展開を迎えて

全てがクリアになって

色々な意味でまっさらな状態で

アフリカに行くことになったのでした

なんで今回破談になったんだろう…

ひもといていくと

リトリートをすごいしたい

自分の家を使いたいっていう想いが

あったんだけど

アフリカでホテルとか泊まってるうちに

わたしリトリートはしたいけど

人の布団を敷いたり、ご飯とか自分で

色々準備するの面倒くさい!笑

(シーツとかも洗ったり

布団干しなきゃだし)

わたしそういうのをマメにやれる

タイプじゃない!笑

宿泊施設はホテルを使わせてもらって

わたしはリトリートの内容に集中したいと

いうことがわかってきたり

日本もさることながら海外とか

色々な場所に行くのが好きで

いまでも出張整体とか各地でやってる

だから色々な場所で

リトリートすればいいんだ

だから、自分の家にリトリートの場所は

作らなくていいんだと気づいたりしました

(自分の場所を作っちゃったら

そこを使わなきゃって必死に

なっちゃいそうだし)

幼少期のことも思い出して…

うちは仏壇屋をやってて

自宅兼作業場と通りを挟んで向かいに

お店があったのですが

お店はすんごい立派なのに

とにかく自宅がボロくて

トイレもボットン

思春期の頃は人を呼ぶのも恥ずかしかったから

ずっと『人を呼べる家にしたい』と

思ってました

お店は結構目立っていて

『おまえんち、またセールやっとんな!』と

高校の男子にからかわれたりしてたから

目立つのが本当に嫌で

『普通の家がいい…』と

ずっと思っていたにも関わらず

『家っぽくなく、博物館とかホテルのような

スタイリッシュな感じで、

家の感じゼロにしてください!』と

建設屋さんにはお願いしてて

どこかで父親に作ったお店に憧れてたから

目立つような店舗を作りたかったし

人を呼べるような家にもしたかったのだなぁと

結局のところ

実家への反発や憧れをベースに考えちゃってて

自分が本当はどんな家に住みたいかと

いう視点で考えられてなかったことに

気づきました

幼少期の頃のことって

結構、時間かけて向き合ってきてるけど

ほんと、無意識に

深く潜り込んでいるんだよなーと

住んでいる地域で

自分の居場所を作りたくて

そのエリアにこだわっていたけど

本当は色々な場所で仕事したくて

理想は、年の3分の1くらいは

海外や日本各地に行けたら最高って

思ってて

わたしは1箇所でずっとじゃなくて

たくさんの地域で色々なことをするのが

自分にあってるんだと

じわじわと内側からでてきました

ちなみに

アフリカの費用でかかった100万円は

もともとこの天空の整体プロジェクトのために

貯めておいたお金だったから

そういう意味でも

今回の土地ではなくて

アフリカに使うってことになってたんだなぁと

そんなこんなで、温泉つかりながら

これまでの2年間を汗とともに流せて

まっさらな状態で

『本当に自分たちがどうしたいのか』に

向かって、新しく進んでいけそう

さぁ、どんな未来が待ってるかな

Comments


bottom of page